タグ

プライベートDMP

プライベートDMPを活用したインターネット広告最適化

こんにちは。ALBERT コンサルティング・アクティベーション推進部の武田です。

ALBERTに入社する以前はインターネット広告の専業代理店におりました。今回は前職で考えていたこととALBERTに入社して気づいたことをまとめて、「プライベートDMPを活用したインターネット広告の最適化」というテーマでお話します。

インターネット広告はこの十数年で目覚ましい進化を遂げ、手法が高度化してきています。最近は様々なアドテクノロジーが開発され、多様なターゲティング広告を配信できるようになりました。 続きを読む プライベートDMPを活用したインターネット広告最適化

プライベートDMP活用事例:カート放棄シナリオのクロスチャネル展開

こんにちは。ALBERT コンサルティング・アクティベーション推進部の笠原です。

今回はプライベートDMPを活用し、総合通販企業にてカート放棄シナリオをクロスチャネルで実施した事例をお話します。

ECサイトで商品購入を検討していて、カート(買い物かご)に入れたものの購入していない状態を「カート放棄」といいます。カート放棄されている顧客に実施する施策が「カート放棄シナリオ」です。

カート放棄シナリオで非常に有効なもののひとつに、「カート放棄メール」というものがありますが、これは、カート放棄状態の顧客に、リマインドメールを送るものです。カートに商品が残っていて購入されていないということは、比較検討していた他社・他ブランドの商品を購入してしまったと思いがちです。しかし、カート放棄メールを配信すると、クリック数に対して10%を超える注文率が出ることも珍しくはありません。さらに、カート投入商品のリマインドと合わせて、一緒に購入されやすい商品をレコメンドすることで、注文数アップを図ることも可能です。

【カート放棄シナリオフローチャート】

カート放棄シナリオフローチャート

続きを読む プライベートDMP活用事例:カート放棄シナリオのクロスチャネル展開

DMPを活用したシナリオ設計

こんにちは。ALBERT コンサルティング・アクティベーション推進部の黛です。
今回はプライベートDMPを活用したシナリオ設計の考え方とポイントについてお話します。

プライベートDMPを導入すると、それまで散在していたデータを一元管理し、可視化したり、分析したりすることが出来ます。さらに分析結果に基づいて、顧客毎の嗜好性や購買モチベーションに合わせた施策を打ち分けることも出来るようになります。

以前の記事でも触れましたが、マーケティングオートメーションツールやDMPで管理する施策のことを「シナリオ」と呼びます。「シナリオ」は連係するチャネル(メール/Webサイト/広告/アプリ等)毎に、「いつ」「だれに」「どのように」アプローチするかを定義したものです。

異なる特性を持つ顧客が多くいれば、それに応じてパーソナライズされたシナリオが出来るわけですから、シナリオ数は多くなります。大手総合通販のクライアントではシナリオ数が100本を越えることも珍しくはありません。
ALBERTのプライベートDMP構築ソリューション「smarticA!DMP」はキャンペーンマネジメントの機能を持っているので、多様なシナリオを管理し、自動化することが可能です。

 

シナリオ設計の際に考慮すべき4項目

1. ターゲット

続きを読む DMPを活用したシナリオ設計

コンサルタントの仕事(DMP導入編)

こんにちは。
コンサルティング・アクティベーション推進部 部長の黛です。

この度、ALBERTのコンサルタントが日頃どのような仕事をし、その結果としてどのような実績・成果が出ているのかなどについて、本ブログを使って発信していくことになりました。
まだまだ知られていないに”マーケティングオートメーション”領域に関する情報や、”プライベートDMP”の導入・運用フェーズにおけるコンサルタントの役割などを、クライアント様, パートナー様, ALBERTにご興味を持っていただいている方々にお届けできればと思っています。

続きを読む コンサルタントの仕事(DMP導入編)