「第2回 AI・人工知能EXPO」に出展☆ 熱気のあるブースの様子をレポートします!

こんにちは!広報・PR担当の五味です。

4月4日(水)~6日(金)に東京ビッグサイトにて開催された、「第2回 AI・人工知能EXPO」に出展してまいりました。
3日間、非常にたくさんの方にお越しいただきまして、おかげさまで大変熱気のあるブースとなりました。本日は、その様子をレポートいたします。

 

ALBERTは、昨年の「第1回 AI・人工知能EXPO」に引き続きの出展ということで、今年はさらにパワーアップし、創業以来最も広いブースで出展いたしました♪

展示では、画像認識、故障検知、予知保全、需要予測、売上予測、深度推定(距離推定)など、多数の分析事例をご紹介し、さらに、LINEや有人チャットとの連携も可能なチャットボット「Proactive AI」も合わせてご紹介しました。

またブース内では、展示だけではなく、1日につき、なんと20回も(!)セミナーを開催いたしました!
分析事例のご紹介や「Proactive AI」のご紹介など、内容はさまざまでしたが、始まるまでは、随時開催してもお客様に集まっていただけるかどうか不安もありました。しかし、いざ始まってみると、どの回もたくさんの方にご覧いただき、またセミナー後にはたくさんの方とお話することができました。お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございます。

 

ALBERTのブースは、今回も、ロゴマークにも用いているグリーンを主体といたしました。
ロゴマークのグリーンは若さと新しさを表していて、既成概念にとらわれない新しいビジネスモデルを構築し、心身共に永遠に若い会社、つまり成長し続ける会社でありたいという思いが込められています。社名の由来やロゴマークについての詳細はこちらをご覧ください♪

 

今回は、展示案内スタッフは春らしい爽やかなブルー、データサイエンティストは知的なネイビーのシャツでお出迎えしました!
シャツの左胸には、ALBERTロゴマークの刺繍が入っています。

ネイビーシャツのデータサイエンティストは普段は社内やお客様先でデータ分析業務を行なっていて、高い技術力を持ちながら、日々切磋琢磨してビジネスを推進しています。今回は、ALBERTに在籍する約100名のうち数名にはなりますが、カウンターにて、お客様の課題についてのお話や分析手法・技術の詳しい説明などを行ないました。データサイエンティスト達も、お客様から直接生のお声を聴くことができ、大変学びある時間だったとのことです☆

 

また、1日20回開催したセミナーですが、毎日お昼すぎに特別セミナーを実施いたしました。
下の写真は、執行役員 営業推進部部長 先進技術統括の安達による特別セミナー「現状のAIの限界と将来展望」の様子です。始まる前から非常に多くの方にお集まりいただき、セミナースペース前を埋め尽くすほどとなりました。
タイトル通り、いまAIが実現できることや、まだ不可能だけれども今後できるようになるであろうことについて、40分ほどお話させていただきました。立ち見の方が大勢というにも関わらず、長時間ご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

今回は事前に、約1ヶ月かけて冊子型のパンフレットを制作いたしました!8ページにわたって、分析手法や分析事例、プロジェクトの進め方、活用するデータとそれに合った分析テーマのご紹介など、データ分析にまつわるさまざまな内容を詰め込んでおります。会場では、10分に1回は補充をしないとなくなってしまうほど、非常にたくさんの方が手にとってくださいました。ありがとうございます!
配布パンフレットは約1万部ご用意していましたが、展示会が終わる頃には、そのすべてをお客様にお渡しできました。
今後もこちらはセミナーや展示会等で配布予定ですので、その際はぜひお手にとってご覧ください♪

 

本日は、「第2回 AI・人工知能EXPO」の様子をレポートいたしました☆

昨年と同様に、3日間朝から夕方まで非常に盛況で、今年もAIへの注目度の高さが伺えました。
また、ALBERTブースに大変多くの方にお越しいただきまして、感謝申し上げます。ブースにお立ち寄りいただいた皆様、セミナーをご覧くださった皆様、誠にありがとうございました!

また、ALBERTでは、データサイエンティストを積極募集しています。
ぜひ採用ページをご覧ください。


五味

データアナリストとして約4年間、百貨店・外食チェーン・テレビ局・教育サービス等のマーケティング分析を担当。現在はマーケティング部でALBERTの広報・PRを担当しています。