2022年度 人工知能学会全国大会(第36回)参加報告

ALBERTは今年2022年6月14日~17日に開催された人工知能学会全国大会(JSAI2022)に参加してきました。 4日間の様子について報告します。

ALBERTは2つの発表と企業展示に参加

毎年6月に開催される人工知能学会全国大会、2022年の今年は現地(京都国際会館)・オンラインのハイブリッド開催でおこなわれ、発表数は昨年の1.4倍、参加者は3,000名を超え、過去最も多くの人が参加した大会となりました。
ALBERTは本大会のゴールドスポンサーとして参加し、当社の先進技術部からインダストリアルセッション(企業プレゼン)と、インタラクティブセッション(ポスター発表)に参加しました。 企業展示ブースでは、たくさんの来場者が訪れてくれたことで、みなさんとの有益な情報交換をおこなうことができました。
企業展示ブース

■人工知能学会全国大会とは

今回で36回目となる人工知能学会全国大会。この大会では人工知能 (AI)に関連した研究発表が行われ、学生や大学教授、一般参加者や企業内の研究者まで、さまざまなバックボーンの方が参加しています。 2020年は急遽オンライン開催、2021年は完全オンラインでの開催でしたが、今年は京都会場への現地参加とオンライン参加によるハイブリッド開催となり、発表数は昨年比較の1.4倍増。参加者数は過去最高となりました(3029人)。 2023年は熊本城ホールにて開催の予定。 (学会についての詳細は公式HPをご確認ください。)
左:エントランス  右:会場案内図

ALBERTの発表

4日間の会期中に、ひと際賑わいをみせたのは、発表者と身近に話ができるインタラクティブセッション(ポスター発表)でした。ALBERT先進技術部の櫻井仁哉、山内隆太郎が研究内容「エネルギーベースモデルを用いた点群データからの表面再構成」の発表をおこない、準備したポスターの前には常時4~5名が訪れ、活発な質疑応答がおこなわれていました。 この研究内容は、先進技術部主導の研究型夏期インターン(2021年)で取り組んでいた内容を、櫻井仁哉が主著として発表しました。
左:ポスター発表時の様子  右:発表内容
インダストリアルセッション(企業プレゼン)では、先進技術部 部長の松林達史が当社の紹介に加え、先進技術部がおこなっている Computer Vision を中心とした研究(なかでも三次元認識)について話し、具体的な研究アプローチについて説明しました。こちらも現地会場・オンライン参加の多くの方に視聴いただくことができました。
先進技術部長 松林の発表の様子

ブースの様子

企業展示ブースでは、運営サポートとしてブランド戦略室 織田、関谷、人材戦略部 松田、石川が参加し、ALBERTの実績や技術領域の紹介、夏のインターン生募集のお知らせを行ないました。

最後に

人工知能学会全国大会は、1年に1度のイベントでしたが、日本国内の大学や企業が取り組んでいる研究の「いま」を知り、また、学生達の興味関心がどのような分野にあるのかを知ることのできる貴重な場であると感じました。 ALBERTが先端技術研究にも取り組んでいることを知ってもらうことができ、これまで以上に企業理解を深めていただく良い機会となりました。
ALBERTでは今後も技術発表などを積極的におこなってまいりますので、各種イベントでALBERTのブースを見掛けたら、ぜひお立ち寄りください。また、先進技術部の研究内容やリサーチャーを紹介しているサイトを2022年7月に新たにオープンしましたので、こちらもぜひご覧ください。

ALBERTは日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、データサイエンティストの積極的な採用を行っています。興味を持っていただいた方は、こちらの採用ページもご覧ください。