飯田

プロダクト開発部 R&Dセクション。大学院での専門はニューラル機械翻訳。 ALBERTでも自然言語処理に取り組みます。

飯田の記事一覧

チャットボットは個性を獲得できるのか?

はじめに

こんにちは。プロダクト開発部の飯田です。

2020年に新卒として入社し、AIチャットボット「スグレス」をはじめとした、自然言語処理の研究開発に取り組む予定です。

スグレスはユーザーの要望に的確に回答できるチャットボットで、対話の内容はクライアント毎に調整します。

たとえば弊社のコーポレートサイトに設置されたスグレスでは、電話番号や所在地といった会社概要のほか、採用情報や事業内容に至るまで、弊社に関連する事項を幅広く回答します。

おすすめは弊社の扱う技術要素について尋ねることです。ディープラーニングやクラスター分析など、名前はよく聞くけれども複雑で難しい……という様々な手法について、大変わかりやすく教えてもらえるので、私も頻繁にスグレスの力を借りています。

そんなスグレスですが、その口調は一貫して事務的で丁寧です。現在は質問に対する回答を返すことを目的としたシステムなので問題はありませんが、より汎用的なAIチャットボットとしての進化を考えると、TPOに応じて口調を変えられると夢が広がるでしょう。

個人的に欲しいのは、メールやSNSの返事を代筆してくれる機能です。人間関係の距離感は難しいので、どれだけ丁寧にするか、くだけた口調にするか、私はよく迷うのですが、そうした判断をスグレスに助けてもらえれば心にゆとりが生まれます。

そこでチャットボットに個性を与える研究が実現できないか?と考え、まずは世界の最先端がどこにあるのかとサーベイを行いました。本記事ではその調査結果についてまとめます。

続きを読む チャットボットは個性を獲得できるのか?