カテゴリー

アナリティクス

ARISE analytics社と2回目の合同勉強会を開催いたしました。

前書き

7月30日にARISE analytics社と合同勉強会を開催いたしました。本勉強会は、前回の開催に引き続きARISE analytics社とALBERT での交流を図りながら、ビジネス力や技術力、分析力などそれぞれの強みを共有しお互いに高めあうことを目的として開催されました 前回は新宿にあるALBERT本社で行いましたが、新型コロナウイルスの影響もありフィジカルな大人数での勉強会が難しかったため、SpatialChat を用いたオンライン開催となりました。

当日は足掛け2時間に及ぶ大ボリュームで、参加者は最大90人を超えるなど、前回を上回る規模で実施することができました。 以下が当日のスケジュールとなっております。
  • オープニング
  • ARISE analytics 事例紹介と一般的な話題(15分)
  • ALBERT 事例紹介と一般的な話題(15分)
  • 「レコメンドエンジンを作って大規模コールドスタート問題を解決した話」(30分、ARISE analytics社)
  • 休憩&交流会(20分)
  • 「リアルタイム画像処理システムにおける物体検知モデルの速度チューニング」(20分、ARISE analytics社)
  • 「3D Awareな生成モデル」(30分、ALBERT)
  • 休憩&交流会(20分)
  • クロージング

今回はそんな勉強会の様子をレポートしていきたいと思います。

続きを読む ARISE analytics社と2回目の合同勉強会を開催いたしました。

GPUサーバ増設とA6000のベンチマーク


こんにちは、先進技術部の松林です。自己紹介は昨年(2020年)の「A100はじめました」というブログ記事に執筆いたしましたが、大学院で重力相互作用専用スパコンのGRAPEを利用していた影響もあり、未だにスパコンや並列計算による高速化と言うのが好きな人です。 さて、ALBERTの先進技術部では、昨年末にDGX A100を導入し、動画分析や3D認識の研究などに利用してきました。今回はこのDGX A100に加えて、A6000を8枚積んだ8GPUサーバを新たに4台導入し、合計40GPUのGPUクラスタシステムを導入しました。DGX A100をさらに導入する計画もありましたが、夏期インターンに向けてGPUを早期に拡充しておきたい点と、社内での利用者増加を見越してバランス重視で、A6000のシステム導入を決めました。 続きを読む GPUサーバ増設とA6000のベンチマーク

2021年 新卒研修レポート

はじめまして!
2021 年 4 月に新卒社員として入社しました、データコンサルティング部の三澤です。

今年の新卒入社は私を含め 10 名です。
みな個性豊かで専門分野も様々ですが、互いに助け合いながら切磋琢磨できる良いメンバーです。

ALBERT では、毎年新卒社員向けに 2 か月間の研修を行っています。
私の場合は研究分野がデータサイエンスないし機械学習と関連がある訳ではなかったため、新卒研修が充実しているという点もこの会社に入社したいと思った魅力の一つでした。
(その他の ALBERT の魅力については、最後に紹介したいと思います!)

実際に新卒研修の内容は思っていた以上に充実していて、座学・演習を通じて実践的な視点やデータ分析の技術を身につけることができました。

本記事では今年の新卒研修内容についてご紹介します。
ALBERT やデータサイエンティスト教育に興味のある方はぜひ読んでいただけると幸いです。 続きを読む 2021年 新卒研修レポート

ABMsの入門と「An Agent-Based Model of the Local Spread of SARS-CoV-2: Modeling Study」の紹介

こんにちは、プロジェクト推進部のStaffiniです。
去年10月から、東京大学の大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻で客員研究員として、計算疫学やヘルスケアのためのAIアプリケーション等を研究しています。

今回は、新型コロナウイルスに対する対策の有効性を解析するエージェントベースモデル(ABM)を用いて分析を行い、『JMIR Medical Informatics』 というジャーナルで2021年4月にパブリッシュされた論文「Agent-Based Model of the Local Spread of SARS-CoV-2: Modeling Study(SARS-CoV-2の局所感染エージェントベースモデル:モデリング研究)」(https://medinform.jmir.org/2021/4/e24192)を紹介します。 続きを読む ABMsの入門と「An Agent-Based Model of the Local Spread of SARS-CoV-2: Modeling Study」の紹介

DGX A100 はじめました

こんにちは,先進技術部の松林です。

大学院では天体力学のN体計算を中心に、スパコンを利用した数値計算による研究を進め、銀河中心の巨大ブラックホール形成過程のシミュレーションを行ってきました。 大学院卒業後は大手通信会社の研究所に勤め、GPUなどを用いた大規模データの情報処理の研究を進めてきました。大規模グラフデータの可視化や、因子分解によるスパーステンソルデータの分析など、実装の高速化にも取り組んできましたが、2020年10月よりALBERTに新設された先進技術部∗1に参画しました。
続きを読む DGX A100 はじめました

Steerable CNNs の紹介

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は D4_exp-1024x957.png です
こんにちは、先進技術部の古川とプロダクト開発部の中井です。今回は、Steerable CNNs と呼ばれるネットワークの論文解説と Chainer による実装 のレポートを行います。なお、この記事は前任者の実装・レポートを元に、ブログ用に追記・編集したものです。

1. 概要

Steerable CNNs とは

Steerable CNNs は、Taco S. Cohen と Max Welling が提案した、入力画像の平行移動・回転・鏡映の作用を保つような CNNs (Convolutional Neural Networks、畳み込みニューラルネットワーク) です。 このアイディアを発表した論文 [CW17] はICLR 2017 で採択されました。以下のような特徴があります。
  • 高精度である。WideResNet をベースにしたネットワークが CIFAR-100 でエラー率 18.82\% と、当時の最高精度を出した。
  • 上記の精度は、水平反転と平行移動のみのデータオーグメンテーションで達成した。
  • 少ないパラメータ数である。ResNet50 が 2000 万程度、2019 年 5 月現在最高精度の AmoebaNetB は 5.5 億程度あるのに対し、WideResNet ベースのネットワークは 920 万ほどで済んでいる (ただし、その後 EfficientNet-B0 では 400 万程度のパラメータで transfer-learning を使って より低いエラー率を出すなど CNN 自体もさらに進歩しています)。
続きを読む Steerable CNNs の紹介

[2020新卒入社]株式会社ALBERTに入社しました

こんにちは!
2020年4月に新卒として入社した小林です。

今年は新型コロナウイルスの影響で入社式が無くなり、研修はほとんどオンラインでの研修となり、新入社員、そして研修を用意する講師陣にとって怒涛の2ヶ月間でした。

また、 2020年の新入社員は計29名が入社し、例年に比べ大人数であったため研修準備も二重、三重に大変だったのではと思います。
2020/04/01 松本社長のメッセージを新入社員29名で視聴しています
松本社長の新入社員へのメッセージを視聴した4月1日を境に、研修がオンラインに移行しました。新入社員全員分のポケットWi-Fiを用意済みであるなど、オンラインへの対応の速さに驚いた記憶があります。

オンライン研修が決まった当時は、大学生気分である自分をオフィスで鍛え上げて欲しかったので、複雑な心境でした(もちろん、素晴らしい判断だと思います)。

しかし、その不安も忘れるような密度の濃い研修を受けることができました。

これから、今年行ったオンライン研修についてご紹介します。
ALBERTに興味がある方、あるいはオンライン研修について気になる方はぜひ読んでいただけると幸いです。 続きを読む [2020新卒入社]株式会社ALBERTに入社しました

滋賀大学彦根キャンパスで特別講義を実施しました。

滋賀大学特別講義TOP
2019年8月28日から30日までの3日間、滋賀大学彦根キャンパスでデータサイエンス学部、経済学部在籍の学生の方々を対象に、滋賀大学と連携した特別講義「作って学ぶ機械学習」で、ニューラルネットワークの仕組みや実装方法について当社データサイエンティストが講義を行いました。

ALBERTでは、ビジネスに即したデータ活用スキルやデータサイエンティスト育成のノウハウ・講座実施の実績を活かして、学生が実践的なデータ活用方法や分析手法等を学べる機会を提供しています。

今回、その取り組みの一環として、滋賀大学と連携して特別講義を実施しました。1日6時間、3日間で合計18時間の集中講義形式で行い、学部生や修士の方々合わせて約20名が参加しました。


続きを読む 滋賀大学彦根キャンパスで特別講義を実施しました。

ARISE analytics社と合同で勉強会を開催しました

開催概要

こんにちは。データソリューション本部の川﨑・栗山です。

今回は、8/2(金)にALBERT本社で実施されたARISE-ALBERT合同勉強会の様子をレポートします。この勉強会は、ARISE analytics社と一緒に、ARISE analytics が持つビジネス×データ分析のノウハウとALBERTの強みである高度な技術力を共有し、さらに両社の技術力向上を図る趣旨で開催されました。
当日は合わせて約60名の方が集まり、会場のキャパシティを大幅に超える大盛況となりました!! 続きを読む ARISE analytics社と合同で勉強会を開催しました

【2019年新卒入社】株式会社ALBERTに入社しました

こんにちは。2019年4月に新卒として入社した本山理梨子です。

りこぴんと呼ばれている人です。

入社前後のあれこれについて書きます。

入社動機

そもそも、ALBERTに興味を持ったのは、インターンがきっかけでした。

機械学習分野は専門ではなかったのですが、研究の中でデータを収集し、統計的に処理することが多くあったため、もともとデータサイエンティストの仕事に興味を持っていました。

修士1年の冬ごろ、研究と並行して就活を進める中、「機械学習 インターン 有給」みたいな雑なキーワードで検索していたところ、たまたまALBERTを見つけました。

当初、「あまり規模も大きくないし、どんな会社なんだろう?」となんとなく様子を見るつもりで面接に行ったのを覚えています。

しかし、実際に社員の方々と話してみると、想像以上に自分の研究の話を深く掘り下げて丁寧に聞いてくださった上に、社員の方々の技術レベルも高く、「ちゃんとした会社だ!」と感じることができました。

そのまま、インターンに参加しました。
続きを読む 【2019年新卒入社】株式会社ALBERTに入社しました